お問い合わせ  ENGLISH
       

ホーム > 名水の里 越前大野


ホーム

概 要

TOPICS

募集要項・規定


広報協力団体の紹介
後援団体の紹介
バナー掲載のお願い

名水の里 越前大野

審査員

これまでのあゆみ

入賞作品ギャラリー

第1回展
第2回展
第3回展
第4回展
第5回展
第6回展
第7回展
第8回展
第9回展

作品集

作品の展示

データBOX

よくある質問(FAQ)

リンク

著作権・免責事項



外部サイト


大野市公式サイト




キャリング・ウォーター・プロジェクト




越前大野城




大野市観光協会HP




結のまち越前おおの



平成大野屋HP




結なびHP




無料Wi-Fi

名水の里として
(広報協力のお願い)
海 外 国 内 大野市内


                  名水の里として (大野市の概要)

 福井県の東部に位置する大野市は、日本百名山のひとつ「荒島岳」などの山々に囲まれた盆地にある、豊かな自然に恵まれた奥越の小都市です。
          

 名水百選の「御清水」をはじめ多くの湧き水があり、市民は地下水を生活水にして暮らしています。また、夜空がきれいなことから「星空の街」にも選定されています。
 安土時代に、亀山の麓に碁盤の目状に整備された市街地は、城下町としての風情を色濃く残しており、「北陸の小京都」ともいわれています。

           大野市の紹介動画
      
      ↑の画像をクリックすると、大野市が制作した動画
       「越前おおの きておくんねの」にリンクします


 結の故郷 越前大野
 「結」(ゆい)という言葉には、昔の村の生活において、田植えや稲刈りなどの農作業、狩猟や植林などの山仕事、道路を直したり橋を付け替えたりなどの修繕、そのほか冠婚葬祭などのいろいろな仕事をお互いに助け合う習慣の意味があります。

 大野市は、平成25年に大野市が持つ魅力と地域資源を総ブランド化していきながら、大野市の知名度とイメージアップを図る「越前大野ブランド戦略」を策定しました。今後は、「人を結び、時を結び、地域を結ぶ ここはあなたのふるさとです」をコンセプトとし、「大野人」「歴史・文化・伝統」「自然環境」「食・地場産品」の4分野の魅力を磨き、全国に発信します。

     

  動画 「結の故郷 越前大野 ~福井県大野のもう一つの名前~
 
荒島岳



御清水



七間朝市


大野市の紹介動画いろいろ

越前おおの ごっつおうさん(食)
越前おおの ええとこやざ(暮らし)
越前おおの ぶらり旅(朝市とお清水)
越前おおの 成り立ちと幕末の大野藩
魅力いっぱい 越前おおの(総集編)
イトヨのシンチャン情報局
ふくい散策 大野市寺町通り編
わくわく! 越前おおの


                                  大野市の「水」

                     大野盆地をぐるりと囲む荒島岳や経ヶ岳などの山々、
              そこに降り積もった雨や雪は、地中に浸透し、帯水層を通り、
                永い年月をかけた末に、地下水として湧きい出ます。
                わたしたち大野市民の日々の暮らしは、この天然の
                  ミネラルウォーターによって支えられています。



 

名水百選 「御清水」

 
大野では、伏流水が湧き出している遊水地を、「清水」と書いて「しょうず」と呼んでいます。
 
平成の名水百選 「本願清水」

 
駅清水(JR大野駅内)
 
七間清水(七間通り)
 
中野清水
 

芹沢清水(平成大野屋 平蔵横)
 

篠座神廼 御霊泉
 

義影清水・水琴窟


  大野市の取り組み
 
平家平のブナ林の購入

大野市は、1996(平成8)年に、自然環境の保全を目的として、
真名川の上流にある自然林(ブナ林)196ヘクタールを購入しま
した。 約1万本ものブナが約40ヘクタール(標高600〜1000m)
にわたって生い茂る森(平家平)には、樹齢400年以上のトチノ
キの巨木やミズバショウの群落なども点在しています。
「平家平を愛する会」が自然観察会や音楽会を開催するなど、
平家平は、大野市民にとっての自然保護の象徴となっています。
 日本水大賞「環境大臣賞」受賞

2013(平成25〕年の第15回日本水大賞において、大野市
の地下水保全の活動が環境大臣賞を受賞しました。

【受賞活動】 「水と共に生きる大野市の活動~井戸枯れから
始まった地下水保全に対する取り組み~」



結の故郷 越前大野 節水ハンドブック

 
Carrying Water Project

豊かな水み恵まれた大野市から世界に向けて、
大野の水のもつ力を発信するとともに、大野の
誇りとして次世代に伝えていくプロジェクト。

大野市は、日本ユニセフ協会を通じて、東ティモール
でユニセフが実施する水プロジェクトを支援します。
水道システムの建設や、現地の人々が水設備を運営
できるようにするために必要な資金を提供します。
           これまでの取り組み
◇1977(昭和52)年  「地下水保全条例」を策定
    地下水の濫用による「井戸枯れ」の経験に伴い、発生融雪の
    ための地下水の利用を禁止する。
◇1978(昭和53)年  水田湛水事業の実施
◇1985(昭和60)年  「御清水」が、名水百選に選ばれる。
◇2000(平成2)年  地下水保全基金を設置
    地下水保全に関する啓発活動や調査研究事業などを補助。
◇2005(平成7)年  「大野市地下水保全管理計画」を策定
    持続的な地下水の保全と利用の調和を基本理念とし、地下水
    位の具体的な目標数値を設ける。
◇2011(平成23)年  「越前おおの湧水文化再生計画」を策定
    水に関する学習会や住宅への節水器・量水器の普及、淡水
    型イトヨの保存、湧水地の保全などを推進。
◇2013(平成25)年  日本水大賞「環境大臣賞」を受賞
◇2015(平成26)年  「Carrying1 Water Project」が始動
◇2016(平成28)年  「第32回水郷水都全国会議 越前おおの大会」
◇2016(平成28)年  「第14回スローライフサミット」を開催



 名勝&涼感スポット
   
打波川の上流の願経寺山(標高1,690m)のふもと。
ブナやミズナラなどの原生林に囲まれた幅ヶ平。
その中に周囲400m、水深最大4.5mの刈込池
この池に流れ込む小川があるのですが、池の水が流れ
出るところはありません。しかし池の水位は一定です。

周囲の自然を映す静かな水面が、多くの人びとを魅了す
る神秘の池です。
 


 
九頭竜湖
 
仏御前の滝

 九頭竜峡
 
幻の大垂
 
真名川ダム噴水
 
真夏の雪渓アーチ

  

 
 

  名水の恵み
     
     

  


  > 名水の里 越前大野 (大野市の概要)


Copyright(c)2011越前大野感性はがき展実行委員会All Right Reserved.

このホームページのすべての文章・画像の著作権は越前大野感性はがき展に帰属します。当ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。
画像の持ち出しはバナーを除き、一切禁止とさせていただきます。 著作権・リンク・免責事項